前へ
次へ

訪問ヘルパーの業務内容はどのようなものなのか

日本では急速に高齢化が進み介護を受ける人が多くいる状況が続いていて、介護に関係する求人は常に高くなっているという状況です。
その中には介護施設に入所したり通ったりする人のために世話をするヘルパーという職業があり、介護施設ではなく介護を受ける人の自宅に出向いて世話をする場合は訪問ヘルパーと言います。
訪問ヘルパーでは介護施設を利用するのが難しい人が対象になっていて、自宅を訪れて食事や家事の手伝いといった作業に従事することになります。
訪問ヘルパーは一般的には時間や曜日を指定して業務することが多く、その利用料については業務の内容や時間帯などによって決められています。
介護を必要とする場合には身体的な状態によってランクが決定されていますが、訪問ヘルパーが担当する人は軽度のランクの対象者で無い場合が多いでしょう。
自由に動けない人の身の回りの世話をしますが体を起こしたり移動したりする業務もあり、訪問ヘルパーは女性の比率が高く身体的な負担が必要になることもあります。
介護施設の不足などの理由から訪問ヘルパーの需要は増加傾向にあり、これからも需要が増えていく可能性が高くなっています。

Page Top